収入証明書不要 消費者金融

消費者金融は収入証明書不要で借りれる?

消費者金融は収入証明書不要で借りれる?

消費者金融は収入証明書不要で借りれるのか?消費者金融の審査時に収入証明書の提出を言われた人は多いと思います。なぜ収入証明書が必要なのか?そのことから説明をします。

総量規制ができたことで年収を把握する必要がある

収入証明書不要で借りれる?

2010年6月に貸金業法改正が完全施行となったことで、消費者金融などの貸金業者は年収の3分の1までしか貸付が禁止となりました。そのことによって、審査時に申込み人の年収を調査する必要ができ、その年収の3分の1までに貸付を制限されたためです。

 

総量規制ができる前は、年収3分の1の制限はなかったので、顧客の年収を書面で調査する義務はありませんでした。しかし、2010年6月18日以降は年収1/3までのルールができたことで、収入証明書を審査時に提出することになったのです。

消費者金融でも収入証明書不要で借りれるケース

消費者金融で必ず収入証明書の提出が必要なのか?と言えば、そうでもありません。収入証明書はある一定条件の場合に必要となり、収入証明書不要でも消費者金融から借りれるケースもあるのです。

収入証明書不要で消費者金融から借りれるケース
  • 借入希望額(借入限度額)が50万円以下
  • 他の貸金業者(消費者金融、クレジットカードのキャッシング、信販会社)からの借入と、今回の借入を合わせた金額が100万円以下

※2つの条件を満たすことが条件(どちらか一方のみでは不可)

消費者金融から収入証明書不要で借りられる場合は上記の通りです。但し、どちらか一方だけでは不可で、両方ともに条件を満たす必要があります。

 

その為、借入限度額が50万円以下だったとしても、他の消費者金融からの借入と合わせ100万円を超える場合は収入証明書が必ず必要となります。10万円借りる時でも、他の消費者金融やクレジットカードのキャシングから100万円をすでに借りている場合は収入証明書が審査で必要となってしまうのです。

収入証明書不要の条件を満たしていた場合でも審査によっては必要となる

審査次第では収入証明書が必要

収入証明書不要の条件を満たしていたとしても、消費者金融の審査で収入証明書が必要と判断されれば、提示を求められることになります。審査で必要と判断された場合は収入証明書を提出しなければ融資は受けられない可能性が高いと言えるでしょう。

 

あくまで、50万円以下の借入で、他の貸金業者と合わせ100万円以下であれば収入証明書は不要としていますが、これは原則不要と言っているだけで、絶対的に不要なわけではありませんので注意が必要です。

収入証明書不要で借りたいなら銀行カードローンへ申込む!

収入証明書不要なら銀行カードローンへ

収入証明書無しで借りたいのであれば、消費者金融よりも銀行カードローンへ申込みすることを強くおすすめします。

 

その理由として、消費者金融では他の貸金業者(消費者金融、クレジットカードのキャッシング、信販会社のキャッシング)の借入も合算され100万円以下が条件となりますが、銀行カードローンでは、自社貸付が100万円以下であれば、他の借入金額は関係が無いからです。

 

又、消費者金融では50万円を超える場合は収入証明書が必要ですが、銀行カードローンでは、オリックス銀行カードローンのように、300万円以下は原則収入証明書不要としている銀行カードローンもあります。

 

銀行カードローンは総量規制対象外の為、収入証明書に関して消費者金融等の細かい規制はありません。収入証明書不要で借りるならば絶対的に銀行カードローンの方がメリットが大きいのです。



ホーム RSS購読 サイトマップ