専業主婦 収入証明書

専業主婦は収入証明書はどうするの?

専業主婦は収入証明書はどうするの?

2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行となったことから、消費者金融などの貸金業者からの借入は年収の3分の1までしか借りられなくなりました。

 

その為、収入が無い専業主婦は実質、消費者金融から融資を受けることはできなくなったのです。では、専業主婦がキャッシングをするにはどうしたら良いのか?又、その時に必要になる収入証明書は?これらの事について書いていきます。

専業主婦が借りられるのは総量規制対象外の銀行カードローンです!

専業主婦で借りられるのは銀行カードローン

専業主婦は収入がありませんので、消費者金融などの貸金業者から借りれすることはできなくなりました。しかし、どこからも借りられないのかと言えば、そうでもなく、専業主婦で借りられるのは銀行カードローンになります。

 

消費者金融でも借りられないのに、銀行カードローンで借りれるの?と疑問に思う人もいると思いまいますが、総量規制とは貸金業法の為、規制を受けるのは貸金業者だけであり、銀行は貸金業者では無いので、年収3分の1の規制は関係無いのです。

総量規制のおさらい
年収1/3までしか貸付できない会社 消費者金融会社、クレジット会社(キャッシング機能)、信販会社などの貸金業者すべて。
年収1/3以上でも貸付できるところ 銀行、信用金庫、労金、農協などの金融機関は貸金業者ではありませんので、総量規制は関係がありません。(総量規制対象外)

上記のように、銀行カードローンは総量規制とは関係が無い、総量規制対象外となりますので、専業主婦でも融資は可能となっています。しかし、全ての銀行カードローンが専業主婦でもOKというわけではありません。

 

銀行カードローンでも専業主婦は申込み不可としているところもありますので、注意が必要です。一般的に専業主婦でも申込み可能になっている銀行カードローンは、配偶者に安定的な収入があれば30万円〜50万円まで融資を可能としています。

専業主婦は原則収入証明書は必要ありません!

専業主婦は収入証明書不要でOK!

専業主婦で収入証明書が無いので不安に思っている人が多いと思いますが、専業主婦であれば、基本的に収入証明書は不要で借りられます!なぜならば、専業主婦は消費者金融では借りられない為、銀行カードローンでの申込みになりますが、銀行カードローンでは専業主婦への融資は最大でも50万円以下となっています。

 

その為、銀行カードローンでは100万円以下は収入証明書が必要無いので、専業主婦=収入証明書不要で借りることができるのです。総量規制が導入されてから、一番被害を受けたのは専業主婦と言っても過言ではありません。

 

専業主婦の人は消費者金融では借りられなくても、配偶者に安定的な収入があれば、充分に銀行カードローンから借入することは可能なのです。又、その場合原則収入証明書不要でOKです。


ホーム RSS購読 サイトマップ