消費者金融審査通しやすい

消費者金融審査通しやすいのはなぜ?

消費者金融審査通しやすいのはなぜ?

消費者金融審査通しやすい

インターネット上では、消費者金融と検索した場合、よく出てくるキーワードとして、「消費者金融審査通しやすい」や、「消費者金融審査甘い」などの候補がよく見られます。

 

一見すると、いかにも消費者金融の審査が通しやすいとか、審査が甘いなどの感覚をもってしまいそうですが、消費者金融の審査はそこまで言うほど通しやすいのか?これについて説明したいと思います。

審査甘いや誰にでも借りれるなどの表現は法律で禁止されています!

消費者金融審査甘いは禁止!

まず、最初に入っておきますが、消費者金融の広告で、「審査が甘い」や「審査通しやすい」など、誰にでも借りれるような表現自体、貸金業法で禁止となっています。

 

貸金業法は2010年6月に改正となっていますが、それ以前の貸金業規制法の時代より、誇大広告は厳しく規制が入っており、いかにもすぐに借りれるような文章、表現等は使ってはいけないのです。

今の時代、総量規制によって審査は厳格化されています

そのような中、審査が通しやすい消費者金融などの謳い文句は、あまり信用ができません。まず、今は総量規制によって、借入は年収の3分の1までに規制がされています。

 

その為、借金が多い人(借入が年収の3分の1を超えている人)は総量規制という法律によって、消費者金融からは借入することはできないのです。昔のように、多重債務者でも中堅以下の消費者金融なら5万円〜10万円借りられた時代はとうに終わっています。


総量規制によって融資対象者は積極融資になっている?

総量規制によって消費者金融は積極融資

今は総量規制によって、借入金額は制限されていると説明しましたが、これは逆に言えば、総量規制対象内の人(借入が年収3分の1未満の人)は消費者金融から見れば、融資可能対象者の為、なんとか融資までもっていきたいという気持ちは正直あります。

 

例えば、年収が600万円の人は、総量規制によって1/3の200万円までしか借りることはできませんが、仮にこの人の負債(借入残高)が180万円だった場合、残りの枠は20万円しかありません。

 

審査をしてみて、返済能力や清算能力が乏しく、現状の180万円以上は融資は厳しいと思ったとしても、残り20万円の枠を断れば、他の消費者金融が融資をしてしまう可能性もあります。又、消費者金融会社は利息収入を上げることを経営の基本としていますので、融資残高を上げることが第一条件となっているのです。

 

総量規制で貸付したくてもできない状況が続いていることを考えれば、多少属性が悪かったとしても、消費者金融会社的には融資をしてしまいたいというのが本音なのです。

 

それをすべて含めた意味で、消費者金融は審査が通しやすいと言われているのかもしれません。


銀行カードローンなら年収3分の1以上でも申込みが可能!

銀行カードローンは総量規制対象外!

消費者金融では総量規制の範囲内(年収の3分の1未満)だった場合、今は積極融資をする傾向があることは説明しました。しかし、今現在で借入が年収の3分の1以上の人や、新たな借入額によって年収の3分の1を超える可能性がある人は、消費者金融へ申込みするよりも、銀行カードローンへの申込みをおすすめします。

 

なぜなら、消費者金融は総量規制によって、年収3分の1以上貸付する場合は、借り換えローンやおまとめローンなどの特殊融資しか認められておらず、通常のフリーローン申込みだった場合は必ず断らなければならないからです。

 

しかし、銀行カードローンは貸金業者では無く、総量規制は関係が無い総量規制対象外になるので、年収3分の1制限はありません。その為、銀行カードローンであれば、仮に年収3分の1を超えたとしても、属性(勤続年数など)が良かった場合、融資を受けられる可能性はあると言えます。

 

銀行カードローンは消費者金融に比べて、低金利、高限度額、収入証明書不要、提携ATM利用手数料0円などの多くのメリットがあります。まだ銀行カードローンへ申込みしていない人は一度申込みしてみることをおすすめいたします。



ホーム RSS購読 サイトマップ