収入証明書不要キャッシングカードローン

収入証明書不要のキャッシングカードローン特集!

収入証明書不要のキャッシングカードローン特集!

2010年6月に総量規制が導入され、貸金業者(消費者金融・クレジット・信販)からの借入は年収の3分の1までに規制されました。

 

そのため、貸金業者からの借入時には年収を証明する書類として収入証明書(所得証明書・源泉徴収票・直近給料明細2か月分)が審査に必要となります。

収入証明書が必要となるケース

収入証明書が必要となるのは貸金業者からの借入で、50万円を超える貸付又は、他社の貸金業者貸付と合わせ100万円を超える場合は必ず収入証明書を取得することが貸金業法で決められています。その際に収入証明書が無ければ審査は保留となり、基本的に後日提示するまで正式な結果が出ない可能性があります。

年収の3分の1まで!

しかし、収入証明書の取得義務は貸金業法の為、適用を受けるのは貸金業者のみです。貸金業者とは貸金業登録している金融会社で主に消費者金融・クレジットのキャッシング・信販のキャッシングが該当します。

 

銀行等は貸金業者ではないことから銀行本体が貸付する銀行カードローンは貸金業法の適用を受けず、50万円を超える借入であっても収入証明不要で借りることができるのです。

収入証明書不要で借りるには?
消費者金融会社・クレジット会社・信販会社 銀行カードローン
借入金額が50万円以下で尚且つ、他の貸金業者借入との合計が100万円以下の場合は原則収入証明書不要。貸金業法の為、金額に例外は無し。 借入金額が100万円以下の場合は収入証明書不要。他社の借入額は関係無し。銀行によっては300万円まで収入証明書不要なローンも有。

銀行カードローンなら最低でも100万円以下は収入証明書不要!

銀行カードローン

収入証明書不要金額

オリックス銀行カードローン

300万円まで収入証明書不要

イオン銀行ネットフリーローン

300万円まで収入証明書不要

三菱東京UFJ銀行カードローン

200万円まで収入証明書不要

楽天銀行カードローン

200万円まで収入証明書不要

イオン銀行カードローンBIG

100万円まで収入証明書不要

新生銀行カードローン レイク

100万円まで収入証明書不要

 

100万円以下は収入証明書不要!

銀行カードローンは収入証明書の取得義務はありませんが、全く収入証明書が必要無い訳ではありません。法律では決められていない為、各銀行カードローンにより基準は違いますが、多くの場合、限度額100万円以下であれば原則収入証明書不要で借入が可能となっています。

 

消費者金融であれば50万円超の借入又は、今の借入と合わせ100万円超になる場合は収入証明書が必要となりますが、銀行カードローンであれば100万円以下の借入なら、他のキャッシング借入金額は関係なく収入証明不要で借りることができるのです。

 

収入証明書不要の金額は銀行によって違い、最高はオリックス銀行カードローンのように300万円以下は収入証明書不要で借りられる銀行カードローンもあります。消費者金融では収入証明書が必要となるケースが多々ありますので、収入証明書を持っていない人は、銀行カードローンへ申込みした方がメリットが高いのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ